ガラストラブルの修理の種類

UVカットができる窓ガラスに変えるためにガラス屋へ行こう

女性ドライバーに合ったフロントガラスを検討しよう

女性ドライバーの悩みを理解する

運転中の紫外線には要注意!(30代/女性)

自動車に乗っていれば、紫外線は大丈夫と思っていたのですが、UVAは窓ガラスを透過して肌の真皮まで届くと聞き残念に思いました。このUVAは、シワやたるみの原因となるみたいだから注意した方がいいですよね。

日焼け止めを塗るだけでは甘い!(20代/女性)

フロントガラスはUVAをカットしないものも多いです。だから自動車の運転中に紫外線の影響で手がしわしわになることもあります。そのため、日焼け止めは1時間に一度は塗り直した方が良いというのを聞いたことがあります。

紫外線を予防するUVカットガラスとは?

UVカットガラスというのは、ガラスそのものやガラスの構造のことを指しているのです。グリーンガラスなどの色付きガラスがUVカットガラスでは多いです。ガラスに色が付くと自動車を運転する時に、邪魔に思えてしまい集中できなくなります。ですから視覚的な違和感がないような造りになっています。美容への関心が高い人は、ガラス屋へ行き今のガラスとUVカットガラスを交換してくると良いでしょう。

フィルムを貼るだけ紫外線を防げる

自動車のフロントガラスにフィルムを貼ると、UVカットの効果が得られます。しかし、フィルムを貼る場合は、可視光線が70%以上と規制がかかっています。この条件が守れないと、車検にも通ることはないので気をつけておきましょう。フィルムの場合、時間が経つと劣化してしまい、UVカット率も落ちてしまいます。定期的に張り替えなどすれば、UVカット率も維持できることでしょう。 ガラス屋では自動車のフロントガラスの交換などを行なう場所があります。フロントガラスが傷ついた場合でも、研磨に出すことで修理することや交換することが可能です。中にはUVカットもできる高機能なガラスもあります。

TOPボタン